ブログトップ

Atelier Shima*ai   ~herbs & aroma~ 

taikyok.exblog.jp

AEAJアロマセラピスト 講義3日目

今日は朝から通しで三コマ・・・。AEAJアロマセラピスト講義3日目でした。

本日のお題は。。。
・精油学
・精油(シトラス系 四種)各論
・精油(ハーブ系 六種)各論



精油学で、面白いなぁと思ったのは・・・、



精油を {ミクロ(科学的に)} でとらえると、

『植物から得られた 天然の素材による
 揮発性の芳香物質を含む 有機化合物の集合体』  

・・・と、
有機物の説明なのに、 とても無機物的に聞こえることでした。(矛盾が面白いと思いました^^)


簡単に・・・、 『自然の恩恵です』。マル。 ・・・と言える時代背景ではないからでしょうね・・・現代は。

安全性に対して科学的な根拠が必要ですから、{マクロ}の視点も大切。。。

と、同時に。

身体全体のネットワークを俯瞰(ふかん)する、{ホリスティック}な視点も大切。。。



どちらか一つ、ではなくて

どちらも同じように大切なことなんでしょうね。







精油(シトラス系)各論は

○ ベルガモット
○ オレンジスィート
○ グレープフルーツ
○ レモン

の四種でした。


・・・すこしづつですが、四つの香りの違いが、自分の中で確かなものになってきた感じです・・・まだまだですが^^。

香りにふれて「いい香り・・・」と感じるだけでも、いいと思うのです。

ただ、加えるところ・・・、
専門家のお勉強には、「香りが心身にどんな感じに影響するか」も
香りを嗅ぎながら、体得していくことが求められます。。。アロマセラピスト、ですから・・・ね^^




精油学(ハーブ系)各論では

○ クラリセージ
○ ゼラニウム
○ ペパーミント
○ スィートマジョラム
○ ローズマリー
○ メリッサ

の六種。

面白かったトピックスは・・・
スィートマジョラムが、男性の性欲を鎮める、というお話。
受講生がみなさん、女性だったので、やっぱり笑いが出ましたね^^。

先生の面白話で、
初めてアロマセラピーを受ける、
男性クライアントには、
必ず、スィートマジョラムをブレンドする・・  というお話を聞いて、

みんなで「クスクス・・・ 」笑いでした。





今日は一度に10種のスメリングだったので、鼻が疲れてしまい・・・。

帰りは仙台駅スタバで、自分にご褒美のフラペチーノをいただきました。
ティラミス・フラペチーノ。

そうそう・・・

スタバ仙台クリスロード店の、

     女性バリスタ・オサナイさん。

彼女が作る、ビバレッジには

カスタマイズに「愛」がもれなくついてまいります^^。
e0270632_15361433.jpg





 
[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-24 15:41 | aroma 精油
<< 伊達政宗さんに会った日 お金では買えないもの >>