ブログトップ

Atelier Shima*ai   ~herbs & aroma~ 

taikyok.exblog.jp

色・とりどりのヌエット

今日はアロマセラピスト講義四日目。精油各論(フラワー系)・精油の歴史・インストラクターの心得、でした。
精油はヌエット(賦香紙)のぶん、嗅ぎ分け・・・。
フラワー系精油の、なんとカラフルなこと。
e0270632_17112299.jpg

下から上へ・・・。

ジャーマンカモミール

ローマンカモミール

ラベンダー

イランイラン

ジャスミン

ネロリ

ローズ/オットー

ローズ/アブソリュート


精油の抽出方法によって、色素が出たり出なかったり・・・(色素が親油性か水溶性かによっても)。

ローズ/オットー は 水蒸気蒸留法(←水蒸気蒸留、楽しいです^^)。

加熱した蒸気を、急速冷却して液化したもの・・・透明でかおりはフルーティー^^。

ローズ/アブソリュート は 有機溶剤抽出法。

親油性の色素が出ております・・・。かおりは、いわゆる香料としての「ばら」と言うかんじ。
ハンドクリームや香水や化粧品に使われる、一般的になじみのあるローズの香り。 



ジャーマンカモミールは、水蒸気蒸留中はエメラルドグリーン。きれいですね。

精油はコバルトブルー。鍾乳洞のみずのよう。カマズレンという成分のせい。


同じカモミールでも、ローマンカモミールは、比較的透明。



自然のスペクトルは、感動的です^^

e0270632_17241783.jpg



ラベンダーで、おもしろかったtopicsは

海と山が隣接している場合、標高が低い順に

スパイクラベンダー → ラバンジンラベンダー → 真正ラベンダー (←高地)

と、かわること・・・。


スパイクラベンダー、初めて知りました。
男性好みの、ラベンダーの香りだそう。
ざおうハーブさんに、あるかな^^

五月晴れの日々、どうぞみなさま素敵な毎日を^^。
e0270632_17295116.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-05-08 17:30 | aroma 精油
<< 梅雨前ハーブの手入れ 五月晴れのGW >>