ブログトップ

Atelier Shima*ai   ~herbs & aroma~ 

taikyok.exblog.jp

カテゴリ:aroma 精油( 41 )

ブレンドオイル~今日の講義

ブレンドオイル・・・今日のアロマセラピストの講義は精油のブレンドについて。
基本的には、三種類程度の精油をブレンドするのですが、
それぞれの加える滴数のバランスによって
香りも目的も千差万別・・・。
e0270632_16424713.jpg

いまは、無性~に、
誰かに聞いて
誰かのために
精油をブレンドしたいです。

そしてそのオイルでマッサージしたいなあ。。。

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-05-15 16:45 | aroma 精油

アロマセラピー検定

明日はアロマセラピストの最初のテスト、アロマセラピー検定1級の試験です、が
今日は体調を崩し一日伏臥・・・(><)
e0270632_23284266.jpg

いまさら一夜漬けしたところでなんの実にもならないなあ、と思い、(アロマセラピーは一夜漬けの勉強とは対極にあるはずですし・・・)いまある知識でテストを受けようと思いました。

せめて、スメリング試験の練習でもしようかな?と思い、試験に出る精油をひとならべ・・・(^^;)
この精油たちができる背景に、何トンもの植物が使われているから、ありがたいことです。。。
e0270632_2329972.jpg

検定の出題範囲内の精油では・・・ゼラニウムと、フランキンセンスがすきです。

クラリセージと、マジョラムも、落ち着きます。

レモン・グレープフルーツ・スィートオレンジ・ベルガモットは、いつも親しみのある香りで。

出題範囲ではないけれど・・・、
ローズ・オットー、ローズウッド、も大好きです^^。

今の園芸用ばらの原種、オールドローズにあこがれるこの頃です。
さてさて・・・寝る前にもういちどスメリングをしよう、かな。
e0270632_2341730.jpg

それにしても 花ってすごいなって思います。植物のエッセンスが濃縮されています。。。
e0270632_23404170.jpg


 
[PR]
by taikyoku-ken | 2013-05-11 23:42 | aroma 精油

色・とりどりのヌエット

今日はアロマセラピスト講義四日目。精油各論(フラワー系)・精油の歴史・インストラクターの心得、でした。
精油はヌエット(賦香紙)のぶん、嗅ぎ分け・・・。
フラワー系精油の、なんとカラフルなこと。
e0270632_17112299.jpg

下から上へ・・・。

ジャーマンカモミール

ローマンカモミール

ラベンダー

イランイラン

ジャスミン

ネロリ

ローズ/オットー

ローズ/アブソリュート


精油の抽出方法によって、色素が出たり出なかったり・・・(色素が親油性か水溶性かによっても)。

ローズ/オットー は 水蒸気蒸留法(←水蒸気蒸留、楽しいです^^)。

加熱した蒸気を、急速冷却して液化したもの・・・透明でかおりはフルーティー^^。

ローズ/アブソリュート は 有機溶剤抽出法。

親油性の色素が出ております・・・。かおりは、いわゆる香料としての「ばら」と言うかんじ。
ハンドクリームや香水や化粧品に使われる、一般的になじみのあるローズの香り。 



ジャーマンカモミールは、水蒸気蒸留中はエメラルドグリーン。きれいですね。

精油はコバルトブルー。鍾乳洞のみずのよう。カマズレンという成分のせい。


同じカモミールでも、ローマンカモミールは、比較的透明。



自然のスペクトルは、感動的です^^

e0270632_17241783.jpg



ラベンダーで、おもしろかったtopicsは

海と山が隣接している場合、標高が低い順に

スパイクラベンダー → ラバンジンラベンダー → 真正ラベンダー (←高地)

と、かわること・・・。


スパイクラベンダー、初めて知りました。
男性好みの、ラベンダーの香りだそう。
ざおうハーブさんに、あるかな^^

五月晴れの日々、どうぞみなさま素敵な毎日を^^。
e0270632_17295116.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-05-08 17:30 | aroma 精油

AEAJアロマセラピスト 講義3日目

今日は朝から通しで三コマ・・・。AEAJアロマセラピスト講義3日目でした。

本日のお題は。。。
・精油学
・精油(シトラス系 四種)各論
・精油(ハーブ系 六種)各論



精油学で、面白いなぁと思ったのは・・・、



精油を {ミクロ(科学的に)} でとらえると、

『植物から得られた 天然の素材による
 揮発性の芳香物質を含む 有機化合物の集合体』  

・・・と、
有機物の説明なのに、 とても無機物的に聞こえることでした。(矛盾が面白いと思いました^^)


簡単に・・・、 『自然の恩恵です』。マル。 ・・・と言える時代背景ではないからでしょうね・・・現代は。

安全性に対して科学的な根拠が必要ですから、{マクロ}の視点も大切。。。

と、同時に。

身体全体のネットワークを俯瞰(ふかん)する、{ホリスティック}な視点も大切。。。



どちらか一つ、ではなくて

どちらも同じように大切なことなんでしょうね。







精油(シトラス系)各論は

○ ベルガモット
○ オレンジスィート
○ グレープフルーツ
○ レモン

の四種でした。


・・・すこしづつですが、四つの香りの違いが、自分の中で確かなものになってきた感じです・・・まだまだですが^^。

香りにふれて「いい香り・・・」と感じるだけでも、いいと思うのです。

ただ、加えるところ・・・、
専門家のお勉強には、「香りが心身にどんな感じに影響するか」も
香りを嗅ぎながら、体得していくことが求められます。。。アロマセラピスト、ですから・・・ね^^




精油学(ハーブ系)各論では

○ クラリセージ
○ ゼラニウム
○ ペパーミント
○ スィートマジョラム
○ ローズマリー
○ メリッサ

の六種。

面白かったトピックスは・・・
スィートマジョラムが、男性の性欲を鎮める、というお話。
受講生がみなさん、女性だったので、やっぱり笑いが出ましたね^^。

先生の面白話で、
初めてアロマセラピーを受ける、
男性クライアントには、
必ず、スィートマジョラムをブレンドする・・  というお話を聞いて、

みんなで「クスクス・・・ 」笑いでした。





今日は一度に10種のスメリングだったので、鼻が疲れてしまい・・・。

帰りは仙台駅スタバで、自分にご褒美のフラペチーノをいただきました。
ティラミス・フラペチーノ。

そうそう・・・

スタバ仙台クリスロード店の、

     女性バリスタ・オサナイさん。

彼女が作る、ビバレッジには

カスタマイズに「愛」がもれなくついてまいります^^。
e0270632_15361433.jpg





 
[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-24 15:41 | aroma 精油

AEAJアロマセラピスト 講義2日目

AEAJアロマセラピスト講義二日目は、
アロマセラピー(英・フランス語では「アロマテラピー」)の概要、スメリングについて、香りの時間変化、を学びました。
JAMHAハーブセラピストと、講義の内容が大体はかぶりますが(単位に「アロマ・精油について」も入っていたので)、
AEAJアロマセラピストは、講義がより、精油に特化しているなと思いました(当たり前ですね・・・^^;)
各種の精油について・嗅覚・嗅ぐという事・医療行為との分別・精油のホームケア具体例・・・
などなど。生活や心身のリラックスに、気軽に活かせるとった感じです。
e0270632_17325186.jpg

嗅ぎ分けでは、「賦香(ふこう)」という言葉が面白いなと思いました。
「賦香」とは、空気中に香りを塗付することです。
賦香した空気を嗅いで、香りを嗅ぎ分けるんですネ。

同じグループだと、香りが似ていることがあります。
元気の出るさわやかな柑橘系、例えばレモン、スィートオレンジ、ベルガモット、グレープフルーツ。
それぞれの精油の「チャームポイント」を「嗅ぎ分け」るために「賦香」は便利だということで。

これはあくまでアロマの専門家による手法の一つなので、普通に香りを楽しむのなら、こんな嗅ぎ方もあるんだ面白いなー程度でいいと思います。

よい香りで、いい気持ち。

これが一番、大切だと思いますから^^
e0270632_17414157.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-20 17:42 | aroma 精油

AEAJアロマセラピー検定2級 テキスト終了

来月5月12日に、AEAJアロマセラピー検定2級と1級を受験します。
e0270632_11202887.jpg

AEAJアロマセラピストになるには、
まず、AEAJアロマアドバイザーになるのが必要で→次にAEAJアロマコーディネーター→最後にAEAJアロマセラピストになるわけです。

間にそれぞれ試験があります。
「嗅ぎ分け」と呼ばれる、精油の香りを当てることや
セラピストコースだと、実技(ボディ・ハンド・フット・フェイシャル)試験に卒業症例として30位を提出する必要があります。
まずはじめのAEAJアロマアドバイザーには、AEAJアロマセラピー検定2級1級の合格が必要です。
と言うわけで・・・
昨日公式テキスト2級を読み終えました。
e0270632_1121147.jpg

歴史は、JAMHAハーブセラピストとかなり重なっています。
というのも
先史~古代は、ハーブを薬草として使っていて
「蒸留法」の発展により、「水蒸気蒸留法」が生まれ
植物から有機化合物(精油)と芳香蒸留水(フローラルウォーター)を分離することに成功したので
ハーブの歴史は、アロマの歴史と言ってもいいかもしれません。

日本で精油をとる目的で最初に栽培されたのが、二ホンハッカとラベンダーです。

二ホンハッカは明治の初め、北海道で栽培されていました。
北海道北見市のハッカ飴なんかは、有名ですネ。

ラベンダーは昭和12年、曽田政治さんがフランスから5kgの種子を入手したことから始まります。
昭和17年には、日本初の水蒸気蒸留によるラベンダーの精油が作られました。
さいしょは、化粧品香料としての使用が目的だったようです。
戦争で栽培は一時中断されましたが、その景観の美しさから復活し今なお続いています。

さあ次は1級テキスト。
精油は一気に31種に増えます^^
e0270632_114839100.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-20 11:48 | aroma 精油

AEAJアロマセラピスト 講義1日目

今週から始まった、メディカルアロマセラピースクールでの、AEAJアロマセラピストの講義。
1日目は、解剖生理学でした。
鼻と脳の構造、嗅覚について。
細胞と皮膚の構造、皮膚の働きについて。

鼻や皮膚の構造が、学生時代に比べて、かなり詳細に調べられるようになったなと思いました。
(昔はまだそこまで解明されていなかったな。)
e0270632_1953874.jpg

五感のうち(視覚・触覚・味覚・聴覚・嗅覚)、
嗅覚の、電気信号だけが 直接に直接大脳辺縁系(原始的な記憶を呼び起こす)に伝わります。
ほかの四感は、大脳皮質で認知されてから大脳辺縁系へ。

嗅覚は本能・・・
≒昔々は、生死を左右する重要な感覚。
例えば・・・火事のにおい、ガスのにおい、腐敗臭、生死に直結していることなど。

現代人はだいぶ感覚が衰退してしまったけれど、
今でもハグした時の懐かしいかおりに、心安らぐとか
「事件の臭いがするぞ」なんて、映画で言っていたりしますね
^^

e0270632_1961349.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-19 13:29 | aroma 精油

香り薫る

Soleil アロマセラピストrieさんのブログを読んでいたら、
丁度、5/12にあるアロマアドバイザーのテキストとリンクするところがあり
深くうなづいてしまいました ♡
e0270632_14335115.jpg


『・・・香りもそうですが
香りを嗅いだとき、
その香りが自分の身体のどの部分にどのように感じたのか。
どんなイメージが浮かんだのか。
感じること。
これって、とても大切なところだなーと改めて思いましたo(^▽^)o


感じて使うこと。
ただ、使うのではなく
使うときは、その香りと自分とがコミュニケーションとりながら
使うことが、効果を最大限に引き出すことができますので
精油を持っている方はぜひ、そのあたりを意識して使って
頂けると、とても面白いかと思います☆彡・・・』

そうなんですよね ♡
遊び心を持ちながら、香りを感じること・・・たいせつ^^♡


e0270632_14345351.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-04-10 14:35 | aroma 精油

アロマ検定

アロマセラピストになる前に、実技と理論の試験が何回かありますが、
(ここでのアロマセラピストは→社・日本アロマ環境協会=AEAJ認定)
さっそく五月にアロマ検定1級の試験があります☆ ↓ テキスト~♡(^^)
e0270632_14265386.jpg
e0270632_14271373.jpg

一級と二級、一度に受けるので
二つのテキストをそれぞれお勉強(^ー^;)

精油は全部で27種類の香りを覚えます♡
先日、手持にない精油を予約しました☆
ジェニパーベリーと、
スィートマジョラム♪
その他なくなりそうなものも・・・♪

手元に来るのがたのしみ楽しみ♪

一級を受かると、諸手続き後、アロマアドバイザー。
それから 授業→試験の合格→手続き→アロマコーディネーター。
さらに 授業(理論・実技)→試験(理論・実技)の合格→
     卒業症例30症例→合格→手続き→アロマセラピスト。 
となります(^▽^)。
短くても、今年一杯かかるとのコト。
楽しんでいこう~p(^-^)q
e0270632_14403042.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-29 14:41 | aroma 精油

場所ごとの☆ アロマスプレー作り

手作りのアロマスプレーが一通りなくなったので・・・まとめて作りました^^

e0270632_121384.jpg

今回は・・・☆

ボディスプレーとして、2種類。

ルームスプレーとして、2種類。

ダスター用として、1種類♪ つくりました☆

e0270632_123556.jpg


最初に、無水エタノールを容量の10%、容器に入れます。(100mlなら10ml、50mlなら5ml。)

次に、精油を加えてエタノールと混和させます♪
e0270632_1253696.jpg


e0270632_1294976.jpg

アロマボディースプレー用に、①クラリセージ と ②ラベンダー を作りました☆
 
今回は、ひとつひとつの 精油の香りを楽しみたくて^^一種類づつにしました。

e0270632_128996.jpg

ルームスプレー用に、

①ゼラニウム と ローズウッド の甘い香り ♪

e0270632_12131931.jpg

②ローマンカモミール と レモングラス の素朴な香り ♪

e0270632_1215780.jpg

ダスター用に、

ティートゥリー と ローズマリー のアロマスプレー♪

e0270632_12162778.jpg

おまけに☆ お手洗い用の、オレンジスィートの アロマスプレー。

柑橘系の精油は、あれば遮光容器を使います。



精油の量は、全体の1% 。

ですので100ml容器なら、1ml。

精油は一滴=0.05mlなので、20滴で1ml となります。

滴数の中で、精油をブレンドして楽しんだり(1:1:1とか、2:1とか☆)
一つの香りを楽しんだり、

楽しみ方は、無限大です ♪

e0270632_12181642.jpg

ナチュラルウォーターを加えて・・・(水道水ではなく☆)

e0270632_12231184.jpg

しゃかしゃか ふります^^!

e0270632_1224927.jpg

ふたをして完成~^^♪
オリジナルのブレンド☆ たのしんでみてください♪

二三か月で使い切ってくださいね^^

① 使う前に、よく振ること(分離するので)。
② 直射日光・高温多湿を避けること。

に気をつけて・・・、アロマ生活☆ 楽しみましょ^^♪

☆☆☆

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-24 12:29 | aroma 精油