ブログトップ

Atelier Shima*ai   ~herbs & aroma~ 

taikyok.exblog.jp

タグ:生活のヒント☆ ( 24 ) タグの人気記事

ストレスをためない セルフケア ☆

最近読んだものの中で・・・ 『ストレスをためないセルフケア』 ☆

e0270632_8434577.jpg


◎ 「まじめで几帳面」「融通がきかない」などの性格を自覚して、
  ふだんから無理をせず、ストレスの原因となるものを避けましょう。

◎ 何事も完璧を目指すのではなく、気持ちに余裕を持って
  「八分目くらいがちょうどいい」と考えるようにしましょう。

◎ 物事に優先順位をつけ、大切なものから片つけましょう。
  「終わらなかったら明日」と考えたほうが効率的な場合が多いものです。

◎ 自分ひとりですべてのことをこなそうとしないように。自分の
  能力以上のことを抱え込むことになり、ストレスがたまります。

◎ 他人の目を気にせず、方の力を抜いてマイペースな生活を心がけ、
  すべての人に自分を理解してもらおうとは思わないように。

◎ 生活上の大きな変化があったときは、要注意。こころやからだに
  疲れがたまらないように、十分休養することが必要です。

◎ 適度な運動はストレスに対する抵抗力を高め、気分転換にもつながり
  ます。ウォーキングや水泳など軽いものでもかまいません。

◎ 家族や親しい友人などとのコミュニケーションは大切です。もし悩んで
  いることがあったら素直に相談してみるとよいでしょう。 


いかがでしたか?

私はふむふむ~・・・ と思いました^^ ☆
e0270632_844542.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-22 08:58 | 日々のこと

アロマの 消臭パウダー ☆

春めいてきたとはいえ・・・
強風や花粉などで、なかなか部屋の換気ができない時に☆

アロマの消臭パウダーで、こもっている空気をすっきりさせてみましょう^^
玄関、トイレ、下駄箱、押入れにどうぞ☆彡
e0270632_182359.jpg


☆ 用意するもの・・・ ○ 口が広いびん
             ○ 重曹
             ○ 精油 (今回は ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー・ローズマリー・ローズウッド の5種類と、グレープフルーツ・スィートオレンジ・ベルガモット の柑橘系3種類)

e0270632_1825587.jpg


① 重曹 1/2カップを、ビンに入れる。

② 精油 10滴を重曹にたらす。

③ 気になるところに置いて、出来上がり☆彡


消臭効果がなくなってきたなーと思ったら、
重曹をお掃除に再利用して、 無駄なく使い切れます^^

重曹は吸湿もしてくれるので一石二鳥♪
しけっぽい空気がこもるところもすっきりです。

e0270632_18303686.jpg


オススメ の ブレンド。(お題は勝手につけちゃいました^^)

☆ クローゼットや、押入れに・・・『優しく爽やかな香り』
                      
                      ラベンダー5滴 + ペパーミント5滴 または
                      ラベンダー5滴 + ローズウッド5滴

☆ 下駄箱に・・・『清涼感のある爽やかな香り』
            
            ユーカリ5滴 + ペパーミント5滴    または
            ローズマリー5滴 + ペパーミント5滴

☆ トイレに・・・『くつろげる爽やかな香り』
           
           グレープフルーツ5滴 + スィートオレンジ5滴 または
           ベルガモット5滴 + グレープフルーツ5滴


香りが気にならないのなら、
防虫効果のある、ユーカリ・シトロネラ(レモンユーカリ)を使うのも良いかもしれません。

ただ香りは個人差があるので。
効果を優先するのもアリですが
その人が 『良い香り~♪』 と、思うものを愛用するのも
アロマ生活を楽しむ上ではアリかなーと思います^^。

どうぞ、お楽しみあれ ^^♪
e0270632_18482933.jpg




    
[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-21 18:49 | aroma 精油

冬の終わりに・・・クリスマスローズ が咲きました

雪下でも 冬を越し、 殺風景な季節の庭に彩を添えるクリスマスローズ。

我が家の一年生さんも、無事越冬し 可憐な一輪の花を咲かせてくれました。

e0270632_14543498.jpg


スイスやドイツあたりの冷涼な気候を持つ国が原産国の、クリスマスローズ。

寒冷地でも屋外で丈夫に育ちますが、

一方で高温多湿にはご注意・・・。



花言葉は、「いたわり」「なぐさめ」「追憶」など。

花姿に似て、優しい言葉がちりばめられます^^

e0270632_14583071.jpg


開花期はだいたい、12月から5月。

6月からは、成長の休眠期に入ります。彼らにとっては、チョッと暑いですものね。


Christmas rose   ☆

[学名:Helleborus niger L.]

キンポウゲ科の常緑多年草。


「クリスマスローズ」 の名前は、
本来 ヘレボラス属 の中でも、ニゲル種につけられた名前ですが、
日本ではヘレボラス属全体を指すのが一般的なようです。




二つの種 ☆ なぜ ”クリスマス” ローズ?



日本では春に開花する 「オリエンタリス種」 を元とした品種が普及。。。

それを見てなぜクリスマス?と名前が付くのか首をかしげたわたし。



答えは・・・クリスマスローズ「ニゲル種」。

12月末頃に開花する・・・コレでお分かりですネ。

ちなみに、イギリスでは「オリエンタリス種」のことはレンテンローズと呼びます。
これはレント(四旬節)の頃に咲くので名付けられました。

クリスマスローズ「ニゲル種」が
日本に入ってきたのは明治初期と言われています。

観賞用ではなく、薬草として試験的に植えられたのが栽培の最初とされます。

根にサポニンという、強壮・利尿作用を持つ成分が含まれていたから・・・。


その一方で、明治時代から
茶室に活けられたりと、花もめでられていたようです。

ハイカラな風流人も居たものですネ ☆

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-10 15:15 | herbs ハーブ

宮城のこせがれネットワーク など徒然に・・・

昨日は遅い昼食をとりに、仙台駅前「おひさまや」へ。

e0270632_8282222.jpg


玄米おにぎり(野菜味噌)と、野菜がおいしいお味噌汁いただききました☆

おいしくたべることができる幸せ・・・

農家の皆様のおかげ。

ひとえにありがとうございますー


手と手を合わせて、ごちそうさまでした。

e0270632_8422718.jpg




お店に    「小さな農からはじめる」   と題して雑誌がありました。

(「おひさまや」では 読んで捨てるような雑誌はおいてはありません。ステキ。。。)

e0270632_834149.jpg
e0270632_8353725.jpg


そこに

(農とは)


「土と向き合い 天候を気にかけ 生き物を見守る

 自然の営みに気づくこと」


と書いてあり、

感動~・・・ 。  やはり農家さんはすごいなぁ。。。 そして自然は偉大だなぁ。



土から いろんなものを、

作ることができるんだもの・・・。


「宮城のこせがれネットワーク」

という団体があります。


次世代を担う、農林水蓄産工芸 各分野の

後継者不足や、

技の伝承について。

食料の自給率について・

楽しく しかし まじめに考えて 、がんばっていきましょうという若手の方々のグループです。


たとえば農業をみてみると

若手世代は 現職のおじいちゃん・おとうさん世代を含めた中で ・・・占める割合は 一ケタ %!


大変なことだなぁとおもいます。


私のできる事からやっていこうと思って、

できる範囲で、応援させてもらっています。










食後は砂糖を使わない アップルパイに、 豆腐のクリーム添え。

e0270632_8411765.jpg


これまた美味でして。 お店でなければ「豆腐クリーム」は味わえないんです~



向かいの席では 小さな女の子が 間違って器をひっくり返し わんわん泣いちゃったりして。

かわいいなぁと 思いました。


自然体でいると 、 自然の中にいると 、

小さな子どもの泣き声や つぶやきも

鳥のさえずりのように

優しく聞こえてくるものですね。

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-03-07 08:58 | 日々のこと

「おひさまや」 のオススメ♪

[おひさまや」 青葉区中央にあります、仙台自然食レストランの先駆けです♪
e0270632_122249.jpg
e0270632_125145.jpg


メニューはどれも、オンリーワンなおいしさ。窓際の席がオススメ^^☆

e0270632_131788.jpg


テーブルごとに、素敵な本がさりげなく置いてあって^^☆彡

e0270632_135030.jpg


いつもにぎわっているけれど、待ち時間も読書や隣のショップに探検で楽しいです。



「よるごはん」の部もあって。
白熱灯が優しい雰囲気♪

e0270632_194541.jpg


ほうじ茶チャイティー は、自然天然の蜂蜜と混ぜて、飛び切りの美味しさ!


e0270632_1101262.jpg


『暮らしのものさし』 ヨカッタです^^。地に足をつける生活。。。大事ですネ^^

e0270632_1115852.jpg


外から見る、裸電球の暖かさ。 

これからも、ずっと看板を出していてくださいー と
思わず願ってしまうのでした。

ホワイトディーには、

クリスマスローズと天然酵母スィーツのイベントをショップでするそうです☆

気の利いた男子諸君はぜひ(笑)彼女をさそってみてね。。。なんて^^♪

e0270632_117113.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-24 01:19 | 日々のこと

生活の ものさし

『暮らしのものさし』
e0270632_1314811.jpg


という本を、仙台の自然食レストランのさきがけ

「おひさまや」 さんで読みました。


目次は

「からだ」

「もの」

「こころ」

「じかん」


等等・・・いたってシンプル。だからこそマスト。

自分の”ものさし”をもつことは、

生活の”ものさし”=ライフスタイル を作ることにつながるな、と思いました。


そのためには、忙殺の中にも自分や周りを見つめる時間が必要なわけで^^。


楊名時太極拳の

細く 長い 呼吸を繰り返すことで、

落ち着いて自他を見つめることができます。


ここでも、楊名時太極拳は役に立ちますね^^☆

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-22 18:38 | 日々のこと

集中力と整腸、代謝促進に☆レモングラス のハーブティー♪

レモングラス・・・タイやインド料理でよく使われていますね^^。
ハーブティーもまた美味しいものです☆


レモングラスのティーの香りには、
「シトラール」が含まれていて、すっきりしたレモンの香りで心身の疲れを癒し、集中力を高めます。
また食欲不振や消化不良にも良いとされています。

*シトラールはレモングラスに代表される成分で・・・
  精油にも含まれるシトラールは主に柑橘系の果物や山椒、ショウガなどに含まれる香り成分です。
  
  シトラールはそのすっきりとした香りから、リラックス効果やリフレッシュ効果などがあるとされ、
  そのことから集中力や気力を増強させると言われます。
  
  レモングラス精油を使った虫よけスプレーは、夏の代表的な手作りアロマスプレーですね^^☆
 

日本では、薬事法や健康増進法の関係で

効能や表示に制限があり記載できない効能がたくさんありますが(ハーブが薬と食品という中間地点に存在するゆえんですね)、

古くからレモングラスを日常で使用しているタイやインドでは、

胃腸を整え消化吸収を助ける作用、風邪や喘息に効く作用、リンパの流れをよくして新陳代謝を良くする作用、ダイエット効果、殺菌作用などが知られています。


☆ホットティー

 わたしはいつも、ざおうハーブさんのレモングラスハーブティーを飲用しています^^
 ドライですがフレッシュで、
 ドライだからこそオールシーズン楽しむことができます^^♪

① 温めたティーポット(急須でも可)にドライレモングラスの葉を入れます。

① ティースプーンにやまもり一さじのドライレモングラスに、熱湯を200ミリリットル。
  (濃さはお好みでも^^)

③ 五分ほど蒸らします。
   蒸らす間の香りを、ゆっくり楽しめるのも、ハーブティーの醍醐味♪

④ きれいなレモングラス・イエローが出たら出来上がりです。
  ハーブティーは、耐熱ガラスのティーポットが、おすすめです^^☆

  なぜなら。。。^^♪  
  レモングラスイエローもそうですが、
  ハイビスカスや、マロウ、カモミールなども、それぞれの自然な色合いを楽しむことができます♪



ティーポットの葉は、長時間ひたしていると味や色が変化するので
早めにお茶を飲んで頂くか、
葉の部分を捨てて頂けば、味も色もあまり変わりません◎


☆アイスティー

作り方は、ホットティーを冷まして使いますが、
氷で薄まるのでポイントは1.5~2倍くらい濃くするのがコツです。
よく冷やしておいて氷のいっぱい入ったグラスに注いで飲んでみましょう~。


☆水出しティー

前の晩に、美味しい水へ(←水道水でも可ですが、せっかくなので~^^)
ホットティーの分量のハーブを入れておくと、
翌朝、出来上がってしまうという簡単な方法です♪

起きがけに、朝日を浴びて、腰に手を当てて、ぐいっといただきましょう(笑)





レモングラスはススキによく似た植物で、ビタミンC、クエン酸が豊富で疲労回復に有効です♪
葉をこするとレモンによく似た香りがします。
料理にもよく使われ、タイ料理で代表的なトムヤンクンやエスニック料理に欠かせないハーブとされています。レモンの香りとまろやかな酸味が特徴。

日当たりのよい場所なら、東北でも越冬できるコもいます。


レモングラスのブレンドティー(レシピ)
レモングラスはストレートもよしですが、ほかのハーブとのブレンドティーもおすすめです。
レモンに似た清涼感いっぱいの風味なので、
ペパーミントやスペアミントなどのミント系とのブレンドは、
眠気をさましてリフレッシュしたい時などに効果が期待できます。

ミントをアイスキューブにしたアイスティーは
見た目も涼しげで、盛夏に納涼ですね^^♪


以上、レモングラス・ティー でした~♪

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-11 06:27 | herbs ハーブ

行く川の流れは絶えずして ♪ 今日の格言頂きました☆

数少ない(笑)尊敬している上司から、今日言われた言葉・・・

e0270632_2343721.jpg



「これからもいろいろあると思う。 

水は流れていると腐らないけれど、

とどまっていたら腐ってしまうから、流れを止めることだけは避けていきたい。

これからも宜しくお願いします。」

e0270632_22483145.jpg


心が折れそうになったとき(笑)、この言葉をかみ締めようと思います^^☆


行く川の流れは絶えずして また もとの水にはあらず ・・・とはいいますが、

初心を忘れず なるべくいつも新しい気持ちで 風通しのよい身体で 

居れたら、いいなぁーーーーーーー と 思います^^。

e0270632_22531339.jpg


そういえば☆

御歳70歳になられる、われらが愛すべき太極拳の小野寺邦夫師範^^♪

師範はいつでも、

少年のように キラキラとしていて、

川の流れのように 淘淘としていて。

よどみがありません。

前述の上司の言葉のように生きていけたなら

きっと自分自身も、気持ちがよいでしょうね^^。




e0270632_2303142.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-09 23:00 | 日々のこと

仕事の集中に。。。レモン精油とフランキンセンス精油♪

デスクワークで集中して仕事を片付けたいとき。。。
e0270632_4413084.jpg

アロマディフューザーで、レモンとフランキンセンスの精油をブレンドしています☆
携帯用のポーチ付きのディフューザーなので、かばんに入れて持ち歩ける優れ物♪
無印良品にて購入です^^。

レモン精油は、頭脳をスキッとクリアに☆ 
フランキンセンスは、落ち着いてデスクワークに取り組める様に☆

2:1の割合ですネ。。。(私の場合^^)

我が家の雪下ハーブさん達・・・立春を迎えてホッと一息、でしょうか^^。
e0270632_4465525.jpg


ハーブとアロマは切り離して考えられることが多いのですが、
元をただせば同一のものなんです。
ハーブから抽出されるものが、精油なので。。。

水蒸気蒸留法、圧搾法と、化学薬品を使わない方法で取れる精油たち・・・。
溶媒抽出法は、本来の精油の抽出方法ではないので
個人的にチョイスはしませんが☆
自然の恩恵をあずかって、心身のメンテナンスをするというのは
自然の一部である、ヒト、として
とても合致している、自然な治癒法だなぁと思いマス^^☆

モチロン、急性期には風邪薬や消毒薬、オペなど西洋の医療行為は必須です☆
その上で、不調期に用いる自然療法は、体自身の治癒力を高めてくれます。
両方のよいところを、用いていく統合医療が今後の主流になりそうな予感^^♪

ざおうハーブさんの、クリスマスローズ。ローズも精油で有名ですネ。
e0270632_513333.jpg

バラには「慰め」という効果もあるそう。
「慰め」「慈愛」「慈しみ」「愛情」がキーワードでしょうか。

寒い冬も屋外で越冬するクリスマスローズ。

立春を迎えて、花開くのも待ち遠しいこのごろです^^。
e0270632_552547.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-04 05:05 | aroma 精油

イングリッシュビオラ コルビネ☆

イングリッシュビオラ コルビネ という名のビオラがあります。

ビオラのイメージを一転させてくれた、美しいビオラ☆

e0270632_744426.jpg


真紫・真っ赤・真っ黄色などでなく・・・優しく淡い、ラベンダー色☆

淡い紫のグラデーションが、プリーツ状になって花びらを彩ります^^♪

e0270632_7443019.jpg


昨日仕事帰りの、一番町マルシェジャポンにて。

パリの蚤の市のようで楽しかった♪時間のあるときはゆっくり行きたいな・・。

コルビネの創造主(笑)ざおうハーブの、平間さん。

夏に蒸れない様、地上五センチくらいでカットするのが毎年咲かせるコツとのコト。

宿根草のビオラって、毎年楽しめて、しかも綺麗で・・・いうことなし☆ですネ^^。
e0270632_7445754.jpg

[PR]
by taikyoku-ken | 2013-02-03 09:20 | 日々のこと